読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいくんのファッションブログ

北海道に棲息する僕、さすらいくん(1984年生まれ)のファッションコラムとコーディネート、購入記録のまとめ。170cm 60キロ。ブランド品はセールで買っちゃう系男子(というかオッサン)。

北海道の人々はどんなブランドのダウン・アウターを着ているのか?

すっかり春めいておりまして、いくら北海道といえども町を歩いている人の中にももうダウンジャケットを着ている人はいません。

 

とはいえ今日はいきなり冬に逆戻り。雪が舞うどころか吹雪いておりました。

 

今回は一冬を越して改めて、北海道の人がどのブランドのダウンジャケット・アウターを着ているのかを振り返ってみたいと思います。

 

まず、この冬一番見たのがカナダグース (CANADA GOOSE) のアウター。

もう10人に1人は着ていました。いや、もっと多いかも。

ショッピングモールとか行ったらすれ違う人、だいたいカナダグース(の黒いやつ)。

男も女も着てましたね。お金持ちなんですね。 僕は一生買えないかもしれません(笑)。

 

次に見かけたのがモンクレールMONCLERのダウン。

ひとときのブームは去った感じもありますが、まだまだ着ている人はいます。でも本当に一時期の繁栄が失われましたね。ちなみに僕はモンクレールのダウンジャケットは買ったことがありません。着たことはありますが。

 

アウトドア系のダウンジャケットも多かったですね。ひょっとしたらこの系統が一番多いかもしれません。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACEとかモンベル(mont-bell)とかパタゴニア(patagonia)ですね。僕はあまりアウトドア系のブランドは買ったことがないです。ただダウンジャケットで一着欲しいなと思っているので今年はモンベルあたりをゲットしたいです。ガンシガシ着られそうですし。

 

DUVETICA(デュベチカ)もいましたね。特徴的なデザインなので発見しやすいです。モンクレールよりは手に入りやすい価格帯ですし、自分も何着か買ったことあります。わりとワンシーズン着て売ってしまうことが多いのですが。

 

あとはTATRAS(タトラス)も何回か見かけました。ただモンクレールやDUVETICAに比べると着ていた人は少なかった印象です。両者には知名度で劣るのでしょうか。人と被りにくいという点では選択するのもアリですね。

 

MOORER(ムーレー)はあまり見かけませんでした。値段が高いということもありますが(20万円くらいいくのかな?)。着てたら目立ちますね。

 

ダウンではなくコートにマフラーという方もいましたが本格的な冬だと寒さを防ぎきれないような気がして僕はやったことありません。カシミアのコートなら防御力が高いんでしょうか。寒がりの僕は見た目のイメージから遠慮してしまいます。

 

まあ、UNIQLOユニクロのダウンが結局のところ一番多かったかもしれません。僕も大好き、国民服ユニクロ。ダウンは買ったことないですが(被りすぎるので)。

 

ちなみに僕は主にアティピコというカジュアルで大変お買い得なダウンジャケットを愛用しております。

sasuraikun-fashion.hatenablog.com

次の冬までには新戦力を複数獲得したいところです。