さすらいくんのファッションブログ

北海道に棲息する僕、さすらいくん(1984年生まれ)のファッションコラムとコーディネート、購入記録のまとめ。170cm 60キロ。ブランド品はセールで買っちゃう系男子(というかオッサン)。無駄に毎日更新中!!

一年間にジーンズは何本必要か?

あなたはジーンズを何本持っていますか?

週末にしかカジュアルウェアを使用しないという社会人の方や、毎日ジーンズ履いてますよといった学生の方、様々な答えが返ってくると思います。

メンズファッションにはジーンズが欠かせません。

おそらく普通に生きてきて、特にファッションに対して強いこだわりを持たないという方なら必ず一本は所有しているでしょう。

僕は数年前にハイブランドコレクションを売り払ったため、手元に残ったジーンズは5本くらいしかありません。それが多いかどうかはわかりませんが、それくらいの数なら持っているという人も珍しくはないでしょう。

 

日本には四季があります。より正確にいうと四種類のファッションが必要とされる気候があります。春夏秋冬どの季節にもジーンズは使えるという事実から考えても、一年間にジーンズは何本あればいいのかについて考えたいと思います。

 

一番少ない本数でいえば0本。

これは明確にジーンズを履かないという選択肢を選んだ場合ですね。

仕事が忙しすぎてジーンズなんか着る暇もないという方もいらっしゃるかもしれません。そういう方でもクローゼットの片隅、三段ボックスのどこかには昔買ったジーンズが隠れているかもしれませんが。

 

1本でいいという答えも十分考えられます。

気に入った1本だけあればその他は必要ない。

なんならジーンズじゃなくてパンツ/スラックスでいい。

結局、何本かジーンズ持っていてもよく履くのは決まった1本、ということも珍しくないと思います。僕がそうですから。

そう考えると干している時はパンツでも履くことにして、ジーンズは1本だけあれば十分という見方もできるでしょう。

 

いやいや最低でも2本は欲しい。

3本、4本あれば一年中過ごせる。

大体、このくらいの本数に落ち着くと思います。

これが10本くらいになると、結構ファッションに拘りのある方かなと認識されるでしょう。

 

では肝心のジーンズの種類について考えていきましょう。

アメリカ製だとかイタリア製だとかリーバイスだとかドルガバだとか、この際ブランドは忘れてしまいましょう。

あくまで本数が主題です。

 

ジーンズには当然色があります。紺、青、黒などなど。白デニムもいいし、薄いブルーも捨てがたい。灰色も使いやすい。

というわけでまずは色の違う、基本戦力の4本を想定します。

さらに夏には薄手のジーンズやくるぶし丈も使いたいし洗濯の回数も増えるので4本をプラスします。

ハーフジーンズにも挑戦したいのでさらに2本プラス。

ダメージ加工やペンキ加工が加わった変わり種のジーンズも欲しいので2本プラス。

 

ざっくり考えて12本必要ということになりました。

これに、毎年気に入った新しい物が増えていくはずなので現物を処分しない限りはさらに増えていくでしょう。

これは何だか多い気がしますね。

夏に戦力割きすぎでしょうか。

僕は反ハーフパンツ/ジーンズ主義者なのでもっと数が減らせそう。

それにしても予備を考えて10本くらいあれば色々なコーデが楽しめそうですね。

 

結論→一年間に必要なジーンズは10本!ただし、僕はそんなに持っていない!

 

まだまだファッション初心者なんでしょうか・・・・・・。

?