さすらいくんのファッションブログ

北海道に棲息する僕、さすらいくん(1984年生まれ)のファッションコラムとコーディネート、購入記録のまとめ。170cm 60キロ。ブランド品はセールで買っちゃう系男子(というかオッサン)。無駄に毎日更新中!!

服のために引っ越します!!

あまりの部屋の狭さに十分な服のメンテナンスも出来ず、靴も磨けずとストレスのためる毎日を送っている僕ですが、今引っ越し先を探しています。

もちろん服のためだけに引っ越すわけではないですが、そろそろ大きめなところに移り住んでもいいかなと。

ウォークインクローゼットがあるところがいいですよね。服をまとめておけるし、何より収納スペースが広がるのがいいです。

それと靴を磨ける十分なスペースも取りたいです。これまではそもそも靴を収納する場所もあまりなかったので、きちんと並べて保管したいし、余裕を持ったハイブランドアイテムの保全を実現したいですね。

 

僕は服の他にも色々と持ち物が多いので、自然と散らかってしまいます。それならいっそのこと一軒家くらいの大きな家に引っ越してきちんと綺麗に物をまとめたいのです。捨てることはいつでも出来るし、必要な物しか持っていないはずなんですけどね。どんどん所有物が増えていきます。

 

そんなわけで、無事引っ越したら、コーディネート写真も撮りやすくなるのでどんどん載せていきます!

 

年内には越したいな~。

続きを読む

TOD'Sのシューズのゴムが鳴る

以前、購入したトッズのシューズですが、試し履きすると「ギュッギュッ」とゴムの突起部分が鳴ります。神経質なのかどうかわかりませんが、僕はあまり音が発生する靴が好きではありません。

なので近くの靴の修理屋さんに相談にいきました。

果たして音が鳴る原理とは。そしてその対策は。

 

f:id:kandata_maru:20170814064629j:plain

改めて購入したトッズの靴裏部分。この突起状のゴムが特徴なのですが、これは滑り止めの役割を果たしています。

この形の靴はドライビングシューズといってその名の通り、車の運転に適した靴です。要するにガシガシ歩くためのものではないのです。これでたくさん歩いてしまうと突起のない部分がこすれて破れたりする可能性もあり、あくまでオシャレに軽く履くための靴なのです。もちろんドライビングシューズといってもより底が強化されている物もあるので必ずしも歩くのがダメというわけでもありません。このシューズがより歩行に適した形になるとデッキシューズと呼ばれます。

 

そしてこのイボイボですがこれは先ほどいった通り、滑り止めの役割を果たしているのでこれが鳴るということはつまり滑り止めが効いているということなので安心といえば安心ですがどうしても気になってしまいます。

 

靴の修理屋さんによると音を無くすためにはこの突起部分にゴムのソールをベタっと貼り付けるという作業を行うしかないとのこと。ちなみに3000円ほどの作業料です。

 

しかし、このイボイボの美しさこそこの靴のポイントではないですか。出来れば音も無くして、かつこの姿を保ったまま履きたい。

 

そのためにはしばらく履いてイボイボが多少摩耗するのを待つしかありません。もちろん、靴音は床の素材によっても変わるのですが、たまに町中で結構大きな音で靴底が鳴っている人を見かけます。僕はああはなりたくないのです。神経質なのでしょうか。

 

というわけでトッズ様はしばらく部屋の中で試し履きを続けることにしました。そのうちいい具合にゴムがすり減って音も軽減されるかもしれません。

 

※過去記事です。

sasuraikun-fashion.hatenablog.com

 

続きを読む

セカンドストリートのWEB買取で服を売った結果、衝撃のお値段に・・・!!

ただいまセカンドストリートのWEB買取では、真夏の大買取祭りということで最大30%アップキャンペーンをやっております(2017年8月末まで)。

ちなみに1品で1000円以上の査定だと20%プラス、1品で1万円以上の査定額になると30%プラスです。けっこうお得ですね~。

セカンドストリート WEB買取

部屋を占拠していてもう着ない服があったので、普通の時期に売るよりポイントアップで高値で売れる可能性があることと、査定自体も査定後の返送料も無料とのことだったので、とりあえず10品を売りにだしてみることに。

 

その結果、、、

 

なんと査定額6万円!

 

さらに買取アップキャンペーンで7万6千円になりました!

 

予想以上に高い!

 

今まで色んなところで服を売ってきましたが、今回が一番、一点一点の査定額が高かった気がします。

 

売ったのは全てブランド物の新品/中古品だったので、元値が高いということもありましたが、納得の買取金額です!

 

みなさんもクローゼットに眠っているアイテムがあったら試しに査定に出してみればいいのではないでしょうか?

 

Pontaポイントもたまりますよ!

セカンドストリート WEB買取

TOD'S様の靴を購入してみた

あこがれのブランドであるTOD'S(トッズ)のローファーを購入出来ましたのでご報告します。

それがこちら!

f:id:kandata_maru:20170814064154j:plain

これは箱です!

この色合いがいいですよね。

f:id:kandata_maru:20170814064228j:plain

これは保存袋!

新古品とはいえ、ちゃんとついていてありがたいですね~。

f:id:kandata_maru:20170814064317j:plain

どどーん!

これが本体です。

パープル系のなかなか派手なカラーです!

f:id:kandata_maru:20170814064408j:plain

チェック模様で、ギラギラ光っています!

この輝きに惹かれて購入しました。

TOD'Sはイタリアのブランドなので僕が普段しているイタリアン系の服装と相性が良さそうですね。特にこれはジャケパンスタイルで映えそうです。

f:id:kandata_maru:20170814064629j:plain

これこれ、この裏の突起がTOD'Sの代名詞であります。これが見たくて、ついつい買ってしまいました。靴裏の耐久性としてはどうなんでしょうか。大丈夫なんでしょうか。ちょっと心配ですけど、多分大丈夫なんでしょう。

 

TOD'Sはなかなか北海道では売っておらず、実際に手にするのはこれが初めてでサイズ感もよく分かりませんでした。なので基本に忠実にローファーマイサイズである7を購入してみるとジャストでした。そして作りが格好良い!

 

地道にアイテムを増やしているマイコレクション、靴が弱かったので即戦力を補強できたのは嬉しいです!ちなみにセールで1万8000円ほどでゲットできました。なかなかお得な価格ではないでしょうか。僕は大満足です!これからもTOD'Sをガンガン揃えていきたい。

 

ちなみにローファーは他にボルサリーノ(スエード、ブルー系)とサントーニ(レザー、ブラウン)を所有しております。僕はめちゃくちゃ高い靴を持っていないので、そりゃジョンロブとか色々と欲しい物がありますが、それはこれから買うということで楽しみにしつつ、今持っている靴をきちんと手入れして大事に履いていきたいですね。

続きを読む

真夏にアウターを買う勇気~DUVETICAを80%オフで買う男、再び~

またやってしまいました。

完全に出来心。

だけど、どうしても欲しかったからしゃーない。

というわけで真夏にも関わらず、新たなアウターを買ってしまいました。

しかも、前回と同じDUVETICAの色違いです。

前回というこはこれのことです。

sasuraikun-fashion.hatenablog.com

 で、買ったのがこちら。

f:id:kandata_maru:20170808174043j:plain

いつも通り、写真の技術がクズみたいなレベルで恐縮ですが正真正銘、本物のDUVETICAでございやす。

モデルはPEGASO(ペガソ)。以前はカーキを購入しまして、こちらはネイビーでございやす。ネイビーは無難なんでいつもネイビーばかり目にはいってしまう。まさにマイカラー。

f:id:kandata_maru:20170808174307j:plain

サイズは46です。DUVETICAではマイサイズ。マイカラー、マイサイズがセールにかかっていたので買ってしまったのです。

もちろん前回買ったカーキのPEGASOも試着しかしてません。なのにもう春秋に使うアウターを買ってしまったのでした。

というのもこのPEGASOは定価だと65000円を少し超えるくらいの値段らしいのですが、それが何と再び14000円を切る価格になっていたのです。

f:id:kandata_maru:20170808175051j:plain

これは2016年シーズンの売れ残りだったので値下がっていたのです(並行輸入品でもありますし)。

割引率にして80%くらいですか。良いっすね~。

f:id:kandata_maru:20170808175314j:plain

中はこんな感じで、メランジの裏地の中にダウンが入っています。真冬ダウンではなくて、春(と秋)ダウンですね。

北海道在住の僕にとってはこれくらいの軽めのアウターはたくさん欲しいんですよね。ましてや信頼と実績のDUVETICAがこの価格なら買うっきゃないっしょ。なまらお得だべや、という感じです。

いまアウターはDUVETUCAやMONCLERなどを所有しているので、新たなブランドを発掘していきたいですね。

続きを読む

僕がどんなブランド服を購入してきたか画像つきで振り返る企画17~EVISUとかARMANIとか~

最近、セールなのでドルガバやらアルマーニやらを爆買いしています。安いって恐ろしい。

 

そんな僕の過去の購入記録を振り返るコーナーです。

 

2012年6月分 その一

f:id:kandata_maru:20170806230402j:plain

f:id:kandata_maru:20170806230404j:plain

EVISU  2640円

エビスのイカレタTシャツです(笑)。この背中のデザイン部分はポッコリとふくれていて手で触っても面白い貴重な一品となっております。しかし、この大阪センス、最高ですね~。

f:id:kandata_maru:20170806230411j:plain

f:id:kandata_maru:20170806230414j:plain

EVISU  8360円

こちらもエビス。これはお馴染みのカモメにペイントが入ってないタイプで、ステッチで表現されていますね。エビスの中でも変わり種なのでしょうか。それとも本当はここにペンキが入る予定だったんでしょうか。何にせよ、エビスはガシガシ履いてガシガシ洗えるので最高であります。

f:id:kandata_maru:20170806230506j:plain

BIKKEMBERGS  11000円

ビッケンバーグのシューズです。ん~、この値段は高い! 今の僕だったら間違いなく買ってませんね(笑)。買うとしたら5000円以下ですね。まあ昔は値段に対する感覚も鈍かったのでこういう買い方をしていました。反省の一品です。別に商品の質が悪いわけではありませんよ! ただ、セールハンターとしてはもっと安い価格で買えるはずだった物をあきらめて高値で買ってしまった、という自分の愚かさをせめているのです(笑)。これはファーストラインでもないのでもっと値下がったでしょうね。色がブラックなので人気はあったかもしれません。

f:id:kandata_maru:20170806230509j:plain

FERRE  17160円

フェレの手提げバッグ。これも高い! 今だとこんな値段では買えない(笑)。これも5000円以下なら買いかな。とはいえ、これは愛用していました。サイズ的にも手ごろでこれでよくバイトに行ってましたね。結構、物が入ったので便利でした。汚れたり、ファスナーのかみ合わせがおかしくなったので直したり、いろいろと思い出のあるアイテムです。

f:id:kandata_maru:20170806230510j:plain

ANDREA D'AMICO  7920円

ダミコのベルト。まあ黒いベルトは何本あってもいいですよね。同じカラーでも質感の違いがあるので、何種類か揃えたいところです。あと、同じやつを使っていると癖がついてくるじゃないですかベルト自体に。なのでローテーションで回していけるくらいの数は欲しいですね。が、最近僕はベルトレスでよく出かけてます。ジャストフィットのパンツでベルトなし、というのが最近の僕の気分なんです。

f:id:kandata_maru:20170806231121j:plain

EMPORIO ARMANI  6000円

アルマーニのジーンズ。ジーンズも何本あってもいいですよね。ただ、お気に入りが固定されるとどうしてもそればかりになってしまうので、同じ質やお気に入り度の物を複数揃えるのがブランドアイテム持ちの理想です。

f:id:kandata_maru:20170806231124j:plain

EMPORIO ARMANI  13200円

アルマーニのパーカーです。これめちゃくちゃ質が良かった。やっぱりアルマーニが好き。できればパーカーが一万円以下で買いたいですね。まあ、お気に入りになったら幾らで買ったとか気にならなくなるんですけどね。貧乏人にとってはなるべく安く買うにこしたことはないですから。

f:id:kandata_maru:20170806230553j:plain

EMPORIO ARMANI 14830円

アルマーニのなかなかコーデの難しいブルゾン。これは僕にはサイズ感はよかったのですが合わせる服が思いつかなかったので友人に譲りました。やはり僕にはこういうタイプの服は似合わないんだなーと改めて納得したのでした。

続きを読む

靴磨き系YOUTUBER「スバル奥野」さんのご紹介

たまに見ている靴磨きを専門とするYOUTUBERさんをご紹介致します!

毎回、見始めると次から次に夢中になって見てしまうくらい面白いですよ。

スバルというコンビの奥野という芸人さんです。

正直、芸人としてはさっぱり知りませんでした。というのもまだ27歳で芸人としても長年やっているわけではないようです。

ファッションに関する情報は、文字で入れるより動画で見たほうが分かりやすいので僕はたびたびYOUTUBEなどで調べ物をしています。そんな中、興味はあったもののいまいち分かりにくかった靴磨きに関する動画を発見してその鮮やかな手つきに感動したのが、この方の動画でした。

 

最初のほうの投稿からぽつぽつ見ていきましたが、芸人さんだからといって靴磨き中にめちゃくちゃギャグを飛ばすわけではなく、まじめに作業されています。作業中に静かなのは靴が磨かれているいい音を聞かせたいという思惑もあるようで、靴磨きを愛しているんだなと関心しましたね。

お気に入りはこれ。鏡面磨きという、周りの風景が映り込むくらい綺麗につま先などを磨きあげる手法があるのですが、それを分かりやすく実演しています。

こういう物は本で読んで分かったつもりになっても、実際やると戸惑うことばかりですのでありがたいですね。

こういう靴関連商品のレビューや、靴磨きに関する道具の紹介もあって、初心者の方も靴磨きの世界に入っていきやすいですよ。

 

技術力を持った方の動画は貴重なのでどんどん登録者数を伸ばしていってほしいですね。

続きを読む