読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいくんのファッションブログ

北海道に棲息する僕、さすらいくん(1984年生まれ)のファッションコラムとコーディネート、購入記録のまとめ。170cm 60キロ。ブランド品はセールで買っちゃう系男子(というかオッサン)。

服は着られていない時間の方が長い

今回は服、そのものについての話です。

 

ファッションにハマると、昨今流行の断捨離/ミニマリズムなぞ物ともせず、服の収集を行うようになります。つまりクローゼットがパンパンになる、ということです。

 

そうなると年に数回しか着ない、物によると今年は一度も着なかった、という服も出てきます。

着たい服はたくさんある、だけど体は一つ。服好きの方はその選択を毎日行っているわけです。ある意味、毎日頭の中で服の断捨離を行っている。しかし、それは次の日は別の服を着られるという余地を残した断捨離ですね。だから遊びも出来るわけです。

 

さて、そう考えるとクローゼットの中の大量の服、それらは主人に着られる時間よりハンガーにかかっていたり、収納のために他の服と服の間に挟まりたたまれている時間の方が長いわけです。

 

季節物の服だと休憩と出動の忙しさの差が顕著ですよね。コートとかニットとか。

 

その服を着る時ももちろん大事ですが、その服をどう眠らせるか、保存するか、収納するかがもっと大事なんですね。

 

僕は収納が苦手で保存方法も適当です。長く使わないジャケットは虫除け・ホコリ除け用のカバーをつけてかけています。たためる物はたたんで置いておきます。気づいたらクシャクシャになってたりもします。

 

ブランド服を集めるのはお金持ちの特権だと思っていましたが、セールを使えば僕のような貧乏人でも買うことは出来ます。買うことは。

あとは保管スペースとクリーニング代の出費をどうするかです。

 

お金持ちの方はきっとそんなの大した問題ではないと考えるかもしれません。

ですが僕にとっては大問題。

 

クリーニングはその都度、お金が地味にかかる。

そんなお金があったら僕は新しいブランド服を買いたい(泣)。

でも僕はアホなのですぐ服を汚してしまうのでクリーニングは必須。

いつも僕を悩ませる課題です。

 

あとは服をかけるスペース。

当然、服好きの方のコレクションはクローゼット程度では到底収まりません。

そうすると多少無理をした保存の仕方をしてしまいます。奥に仕舞った服を取り出すのがめんどくさくなるので、コーディネートが固定されてしまうのです。

 

まあただ単に僕が面倒くさがりや屋だからだと思いますが、人間案外そんなものです。

 

服を大事に扱い、居場所もきちんと作る。

 

これが出来ると僕の服好きランクもあがっていくんだろうーなーと思います(笑)。